リスクが低い術法|膣のゆるみを縮小手術で改善|デリケート部分の問題を解消する治療法

膣のゆるみを縮小手術で改善|デリケート部分の問題を解消する治療法

リスクが低い術法

婦人

メスやレーザーを使用する手術に不安があるなら、高周波や注射による施術に注目してみることも最適でしょう。高周波や注射はリスクが格段に低く、なおかつ効果は高いことで知られている膣縮小法です。高周波はビビーブと呼ばれ、膣の内壁を冷やす効果があります。何度もクリニックを受診する必要はなく、一度の手術で効果が得られることも特徴的です。しかし効果は1年からい年半ほどしか持続しないため、ゆるみが気になってくる度に再手術を受けなければいけません。

注射による膣縮小を希望しているなら、ダウンタイムの有無なども知っておくことが大切です。ヒアルロン酸注射は美容整形の中でも頻繁に用いられるものです。ヒアルロン酸は元々人体を構成する成分の1つであるため、副作用などのリスクが低く、安全性に優れています。膣内を狭めるために所々に注射するという縮小法なのですが、ヒアルロン酸は体内に吸収されていくため、高周波と同様に1年ほどで効果が薄れてしまうでしょう。費用はメスを使用する場合と変わらないことがほとんどなので、効果を持続させたい場合には思い切ってメスを使用する縮小手術を受けてみることも悪くありません。

美容整形クリニックで行なわれる膣縮小手術は様々ですが、それぞれに特徴があります。予算や希望を医師にしっかりと伝えることで、より最適な術法を提示してもらえるでしょう。予め自分で情報収集を行なっておくことも大切なので、クリニックのホームページなどを細かくチェックしてみることが最適です。納得いく結果を手に入れられるよう、適切な方法で膣のゆるみを改善しましょう。